日記

不定期

あぁ幸せさ

 

この感情は紛うことなく確信的なものだ

 

ただ本当に幸せというものは僕を不安にさせる

 

このまま幸せが身体に馴染んで

このまま幸せになるように生きていたら

きっと僕は僕ではなくなって

きっと何者にもなれず浄化される

そんな気がするんだ

 

そんなことはない と君が言ったとしても

君は幸せの使者か と

どうして君も周りのバカと何ら変わらない幸せに満ちた顔をしてるんだい?

どうしてそうやって僕を幸せにしようと引きずり込もうとするのか

僕は不幸せを願うし 君も僕と一生に不幸せであってほしい

幸せなんてほんの僅かで些細なことでいいじゃないか

幸せであろうとすること 幸せになろうとすること

そんなことは愚かなんだよ

幸せというのは不幸せの中で起こる見つける

そういった日々の経過の最中にある非日常なんだよ

 

僕はずっと心の底から不幸せであることを願ってる

幸せそうに笑う奴らを見て 無性に悲しくなるんだ

色んな事を忘れて見えなくなっていつか終わる幸せに身を任せて馬鹿みたいで

あぁなれたら と思うこともある

ただそうじゃない 

幸せは必ず終わる 必ず

幸せが終わるということは 同時に幸せが終わったという不幸せも感じるということ

だったら僕はずっと不幸せで幸せな人間を羨ましく妬ましく憎いと思う

日陰の人間でいたいと思う

寧ろ そうではないと

僕は僕ではなくなる

僕をそう僕たらしめるものは

そういったマイナス思考の塊だからだと思う

 

だから君は僕を幸せにしようとしないでいてくれ 僕を変えないでくれ

不幸せな僕の側に居て欲しい

それが君の幸せであってほしいんだ

幸せになろうとなんかしないでくれ

そんな君が側に居てくれる事を意識した瞬間だけが僕にとって

非日常であり それを幸せと呼びたいんだ

そんな幸せを見つけたいんだ

 

矛盾ばかりだね 

 

結局は幸せでもありたいのかもしれない

でもあんなバカみたいに幸せそうにしたくないんだ

でもこの話は冒頭の一行が全てを物語ってしまっているのだと思う

最近の僕はきっとバカみたいなツラをして

周りからバカに見えてるんだろう

幸せとは  普遍的な嫌がってもついてくるものなんだね

 

 

 

日常から浮いた自分を愛さずにはいられない

それが例え痛々しい様であっても

孤立する羽目になっても

そんな自分を自分が嫌っても恥じても

心のどこかでそうあって欲しいと願う自分に

僕は抗えない 逆らうことができない

自分が辛ければいい 自分が耐えればいい

そんな風に考えていたこともあったな と思うが

そんな生き方より 今の人生のほうが清々しい

冷ややかな視線も たまに聞こえる自分の悪口すらも

自分を肯定するための材料でしかない

こんな過剰に肥大化してしまった僕の自意識は

暴力と死と痛みでしか握りつぶすことができないと思った

きっとそうだろうと思う

僕はそれすら乗り越えるため

日々 誰かこんな自分を強く否定し

理不尽な暴力で叩きのめしてくれ とすら思っている

無敵になりたいわけじゃない 無敵だと思い込んでいるわけでもない

ただ僕は強くありたい

誰よりも自分を愛し 誰よりも自分を確信し 誰よりも寛容でいたい

すべてを愛したい

 

全部にムカつく

他人にも自分にも

うまくいかないことに腹が立つ

調子に乗ってる自分を叩き潰すようなできごとはないだろうか

日々が当たり前になっている人間の当たり前が突然ぶち壊れないだろうか

そんなことを今は強く願っている

願って叶うかどうかは別だ

願うことによって自然と自分はそうなる為の選択肢を選ぶように傾いていく

結局の所願うなんていうのは自分への願掛けであり

自然とそうなるようにしている自分の陰の努力から生まれるものだと思う

そうじゃないのかもしれないけど

神様なんてものはいないし 他人に自分を100%理解などもできない

ただ自分で自分を誰よりも理解してやることはできるし

自分で自分を幸せにしてやることも不幸にすることだってなんだってできる そう思いたい

 

 

祭りが終わったあとの喪失感というか名残惜しさというか

この誰も居なくなった部屋にポツンと自分が居て

色んな人が居たであろう痕跡が散らばる部屋に

ポツンと自分が居て

まるで取り残されたかのような喪失感のなか

本来自分の居た場所は こんなだったなと

あの部屋がたまに恋しくなる

戻りたくなる

あったはずのものが消えて

いつの間にか頭の中からも消えて

写真と曖昧な記憶だけになった

それすらも不安定だ

もうそこには何も残っていないのだから

何もかもが風化していく最中

鏡を見つめると 自分自身すらも共に風化していることにようやく気づく

僕自身もきっといつかは曖昧になっていくんだろう

大切な人にとっても 自分にとっても

今日感じた孤独も昨日感じた幸福も これから感じる全ても

きっと風化してしまうのだろう

何も知らない誰かが塵になった僕の上を歩いていく

今日感じた孤独も昨日感じた幸福も これから先感じた全てを 

何も知らない誰かはそんなことを考えもせず歩いていくんだろう

でもきっと 多分

そうなったとしても昼頃に見たあの白い三日月は

きっと綺麗なままなんだろうなあ と

そう思う そう願ったことすら曖昧になっていく

皆でいる時くらい楽しそうに笑えよと思う

ふと冷静になる瞬間ってあるけど

馬鹿になりきれない時があるけど

僕はそんな一面に気づかない程馬鹿じゃない

終わりをもっと惜しんで欲しい

もっと余計なことを忘れて馬鹿になってほしい

終わりがあるから馬鹿になれないのか

それともここが君の居場所ではないのか

そんなことはどうだっていい

本当どうだっていい

 

世の中キラキラしているものばかりで

自分が惨めに思えるな

もしかしたら今磨いている工程で これから光る可能性があるかもしれないし

もしかしたら今磨いている自分は 全く光ることのないものかもしれないし

まぁ勿論そんなものは磨いてみなきゃわからないけど

ただたまに辛くなるな

そういうもんだよな と割り切るしかないけど

光ると良いなと常々思う

皆そうだよな

集団下校中の小学生がヒヨコに見えて笑えた

風が強く吹いて前髪が吹っ飛んでクソ広いおデコが丸見えになっても

俯かないで歩けるようになったのは 大人になったからなのか

それともただただ単純に自分を割り切れるようになったのか

最近写真に映るブサイクな自分を見て こんなものだよなと思える

だから友達とビデオ通話するようになったし 写真を撮られてもあんまり嫌じゃない

どうせなら格好良く写りたいけど

何を書こうとしたのか忘れたけど最近充実感と共に このまま死んでいくんじゃないかってすごく不安になる

現実で自分が他人とは違うという悪足掻きをしたいがために粋がってみたり

達観したふりをしたり

でも結局そんなことで自分を証明したって何にも残らないただの自己満足なんだ

皆そんなことわかってる だから恥ずかしい思いをしないように自分を押し殺して生きてる

そこでインターネットで自分を曝け出して生きているからこそ

インターネットで知り合った女の子といくらセックスをしようが

ときめきすら感じることはない底が知れてる

改めて思うけれど 知らなくて良いことは沢山あるし

バカでいたいとそう願うことが最近増えた

自分が賢いだなんて言いたいわけじゃない

ただ世の中にバカが多い

バカなりに考えていることも沢山あるんだろう

思うこともあるんだろう

だけどそんなのは誰しもが考えていて 誰しもが思うことだ

じゃあバカだと言うのなら僕はそいつらと何が違うんだ?という自問自答をしてみる

悪足掻きをしている 僕は

普通を普通だからと受け入れたくないし 周りがとか知ったことではない

こんな子供の言い訳みたいになったものが僕が他人との違いだと言い張りたいわけじゃない

うまく言葉にできないけれど僕は皆と違う

そう信じている こんなの無根拠でいい

ただあるもの ただ過ぎていくものにちゃんと疑問を持ってできるだけ見逃さずに鮮明に覚えて気づきたい

そんなもの皆感じていると言い出すようなバカがいるかもしれないけれど

知ったことじゃない

同じようであっても同じではないし

僕の考えていること僕に見えているものは僕だけのものだから

それを僕は個性と言い張り才能だと言い張り

それを証明するために今悪足掻きをして生きている

ここまでただただ頭に浮かんだ適当な言葉を羅列して言っただけだけれど

取り敢えず残しておく

正直もうなんでもいいんだ

正直もうどうでもいんだよ本当は色んなこと

ただ本当に悪足掻きというか認めたくないんだ色んなことを

頑張れるとこまで頑張ろうと思う そんな日だった

そんなことを最近は考えてるよ