読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

不定期

現実

確かに本当に欲しいものは今すぐ手に入れたいと思う 焦る

けれど手に入れてしまうと案外あっけないもので その工程が大切だったことを身に沁みさせられる

「欲求」には叶わなくそんな理性を掻き消してしまうほどの脳汁の津波が襲う

僕は我慢ができるようになることが大人になることだと認識しています

子供は我儘を言います 大人はそれを我慢して生きていきます 

子供の場合は欲しいものがあれば喚いてねだって乞う

大人の場合その為に我慢し働きます

つまり大人になるというのは環境に適していく常識を身に付ける我慢することが当然になっていくということだと思っています

そして大人になり現実的になり夢が見れなくなっていきます

子供の頃に比べて大人の方々の夢はとても現実的で柔軟性がなく夢というよりは目標…? それは現実に触れ合っている時間が長いからでしょうね

そうやって僕も普通になっていくのでしょうか

普通というのは周りと同じということから安心感を得られますからそれを望む人も居るでしょう

けれど大体の人間は非凡に憧れる凡人ばかりだと思います

非凡に生きるというのはどういうことなのかと言われると

僕は自分に素直に生きることだと思います

これまでの話で言うならば我慢をしないということですかね

きっと子供のままでいられることなのかなぁと夢を見ていられる状態でいること多分

我慢しないというよりはしたいことをして生きるという感じが近いのかなぁと思います

みなさんはしたいことをして生きていけてるでしょうか

僕はしたいことが出来る環境にあるのにやりません いつでもやれるという現実に慢心して好機を永遠と逃しています これを自覚していてもやらないのでいつか必ず後悔する日が来るでしょう そして現在も後悔しながら生きています それでもやらないというのはきっと努力の才能がないのでしょうね という才能を言い訳にし出すあたりがもう凡人らしさ丸出しと言うか本当に惨めすぎて笑えてくる でもそんな自分が好きです それが僕の生き方でしょうか 自惚れてなにもしないままなにもできないまま終わるというのが僕の人生でしょうか

まぁしたいことをして生きていくと言うのは多分殆どの人間の理想で それができればしてるわ って言う話になると思うんですけど 現にしてる人間が居るわけですからきっとできない人達は そういう環境を手に入れる熱意がなかった そういう環境を手に入れるための努力ができなかったという敗者なのではないでしょうか

人間って皆やれば出来ると思うんですよね個体差はあろうとも結局は同じ人間ですからね作りは同じですよ皆 やらないだけで

なに話してるのかわからなくなってきましたが

今日僕は一日のほとんどを寝て過ごして 今この記事を書いています

起きてすることがないから寝てたんです

やろうと思えばやれるのにしないんです

つまり僕も敗者ですね 

今日寝てる間ずっと学校の夢を見ました

卒業式の予行練習ですごく泣いて言いたいこと全部言って暴言とか感謝の気持ちとかそして学校から出ようとしたら出口も入り口もなくて外は土砂降りでした…

学校良いですよね

戻りたいなぁ

 

終わり