読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

不定期

3日前起きてリビングに行ったら母親が僕の顔を見て 目が赤い と言っていた それから気になってしまってちんこを触った手で目をかくようになってしまった

すると目が充血していた 僕のちんこが如何に不潔かを知らしめるかのような出来事だった 毎日世話をしてやっているのに 恩を仇で返すだなんて

きっとこう言いたんだろうお前は「御託は良い 膣を出せ 膣に出させろ」

僕は言いたい できるならばしている と憂鬱な日常の息抜きとして小さな幸せとして君を世話しているんだ 許して欲しい

機会があれば好きなだけ暴れさせてやる だから僕の目を僕を許してあげてほしい

目が赤くなる前日から人と急に関わらなくなり始めて今日で誰とも通話をしないで四日が過ぎた

四日ぶりにまともに声を出したきっかけは歌だった 喉に苔が生えたような感覚だったびっくりした 声を出さないと声って出なくなるものなんだなと

気をつけよう 壁と話そう 犬と話そう 一人でぼやこう 

それから治験の電話が来た四泊で15万円 勿論やりたいと言ったけど痩せすぎていてできないらしいBMIが15 モルモットになることすら許されないニート 嘆かわしい

ほしいものと呼べる欲しいものがあまりない したいこともない

数日前に湧きでた熱意は何処に行ってしまったんだろう…

人生に刺激が欲しくて 昨日ひさしぶりに外に出た 2時間くらい歩いた

誰もいない明かりのない神社に夜一人でいけた 

勇気と恐怖がぶつかってる時 左胸の皮を思っきり掴んでいた

怖いものは怖いから仕方ないよね でも行かないで後悔するより行ってみたいと思う

恐怖というのは結局自分との戦いで負けず嫌いな僕は勇気を振り絞ったということです

ニートを五年も続けているとハートがつええってことだぜ

これが二十歳梅雨の記憶

 

終わり